小さな会社の格付けアップ作戦

小さな会社の格付けアップ作戦
内川 清雄
4569642039
よく格付けって言葉がニュースで流れます。
例えば、日本の債券の格付け[G]が上がったとか下がったとか。企業の社債が上がったとか、さがったとか。
 そんな社債の出せない中小企業では、どこに向けて格付けをしなくちゃいけないかと言えば、「銀行」に対して、どうよい印象を持ってもらうか、それが重要になるようで。
 お金が足りなくなれば、貸してくれれば有りがたい。

 ところが、貸して欲しいところにはかさずに、借りたくないお金の有るところにかすのが銀行。そんな銀行にどう良い印象を持ってもらうかがかかれています。

 例えば、銀行がどういったところを見ているのか。
 営業外利益がどのくらい有るのか、というのがよく見られているそうです。営業外の部分にどのくらい負債が有るのか、それによって会社が建つが立たないかががけっこうわかるようです。

 その他銀行がどういうところを見ているか、色々と書かれています。銀行と仲良くやっていくために相手の事を知る上では良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です