実践 本物の経営

実践 本物の経営
船井 幸雄
4478331111
 船井総研の本は面白い本が多く、色々と読んできている。その総帥、船井先生の本を初めて読んでみた。噂では、ちょっとオカルト的な雰囲気のある本と言う感じですが、実際はいかに。

目次を見てみると、「宇宙の理にかなった経営を」といきなり来る。まさか期待通りのトンデモ本かと思って読んで見ると、いたって真当。いやさ、真摯な経営こそ、まさに道が開けると、偉いお坊さんの説教を効くように、わかりやすく、そしてすがすがしく書かれている。

 例えば、「宇宙の理の経営」ってどんな経営なんだろう。この本では、10の内容が書かれていた。参考までに。

  • 単純である
  • 調和が取れている
  • 共生、協調以外成り立たない
  • 開けっ放し
  • 自由がベスト
  • 公平
  • 融合
  • アナログが大事
  • 効率的
  • 長所を育てる

 難しい事はないのだが、これが守れている会社と言うのは、実はあんまり効いたことが少ないような気がしてしまう。ある程度会社の規模が大きくなれば「管理」だったり、「競争」という言葉が出てくるだろうから。
 ただ、そのようなことは逆にうまくいかないと説く。
 それでは、いちばん理想的な経営とは何だろう。船井さん曰く、いいところだけをうまく組み合わせて、お互い通しが協力し合う過去の「日本的経営」を見習うべきだと。安心して、仕事に集中できる環境を持つ事。それが必要だと。

 最近の経営者の多くは「競争」が中心でなんか辟易していたところがあった。でもそれとは反対の意見だ。経営コンサルの総帥が言うのだから、なにかそこに秘訣が有るのだろう。
 正直読んでいて楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です