商いのこころ

商いのこころ?躍進する中小企業の成功法則
神吉 武司
486106032X
 大阪の菓子屋さんの経営の心得帳。
 様々な多角化を検討してみたが、結局の所うまくいったのは、元からやっていた事業だった。結局、本業が一番ということだろうか。
 他の多角化を試してみたが、当然、利益の枠内で行っていく。それ以上に行うと、会社が傾いてしまう訳だ。というか、変なゴルフ場たてたりしてつぶれた会社はいっぱいあった訳だ(汗)。

 そして、この本では大きく語っていたのは、朝早く仕事をする事。朝早くやれば「イヤだ」と思っていた仕事もサッサと終わって、午後には別の仕事できる。
 これだけでも先が見通せると言う訳だ。
 そして、著者が言うには、早起きをしている社長の会社は倒産がないと言うらしい。
 早起きは三文の得、どころではないと言う事らしいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です