グレートゲーム・オブ・ビジネス

グレートゲーム・オブ・ビジネス?社員の能力をフルに引き出す最強のマネジメント
ジャック スタック Jack Stack 楡井 浩一
4198615330
 会社で生き生き仕事をしてもらいたい。経営者ならだれしも思う。そして、楽しく仕事をする秘訣として、目標設定を、ゲームのようにしてみたらどうだろう、というのが、この本の趣旨。
 そのためには、できるだけ経理の情報はオープンにする。コレガ最初のルールだ。最初のうちは怖いかもしれない。でも、従業員だってバカじゃない。ダメなときには、「今とてもダメだ」と言えば、それじゃあと、奮起してくれる。それ以上に経営者は、情報を「開示する」という勇気を持たなくちゃ。これは、できるだけ自分の会社でも皆に報告している。

 さて、ゲームを取り入れるとして、気をつける事がある。ゲームはあくまでも、優秀に仕事をしてくれたひとを評価するシステムでなければならない。皆が競い合って、上に向かおうとする力に頼る事だ。問題となるのは、その時ブービーになったひと。そこで、「罰」という概念が出てくると、途端に白けてしまう。そんなことするために、仕事をしているんじゃないと。人はいいときもあれば、悪い時もあるからね。

 「ゲーム」と言う概念でひっぱる人間もボスからリーダーへ考えを改める必要が出てくる。そういう意味で、意味深な本でありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です