フリーランチ投資家になろう!

フリーランチ投資家になろう!
岡崎 良介
4478600449
 表紙を見ていると、
 「ホッホッホ、私はフリーランチ投資家。お昼のお金は投資でみんな運ばれてくるのじゃ。その方法は知りたいのかね?」
 などといった感じで語られるのかと思って、ぞわぞわしていたが、そんなことはなく、以外にまじめな手堅い投資術を披露してくれる。

 まずこの本では、リスクの高い投資を狙うのではなく、元本をできるだけ保証して、あくまでも「お昼」の費用くらいは確実に取得する事を目的としている。
 そのため、リスクマネーで有る株式運用は30%程度。それ以外は国債を中心に組み立てる。国債も7年国債がいちばんリターンが高いようなのでそれを基準に購入していく。

 さて、国債はほっておけば一定額のリターンが有るのでそれで良いのだが、株式はどうか。株式運用では日本株や外国株をあてるのだが、その時に指標を基準にしているようだ。

 景気判断の指標としては下記のものを使うとの事。

  • 景気の回復を知らせる 中小企業景況感指数[G]
  • 景気の後退を知らせる 鉱工業生産指数における在庫[G]
  • 景気の持続力を調べる 鉱工業生産指数における耐久消費財出荷[G]

これを知るだけでも価値がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です