Googleサイトマップ対策 for Nucleus

 Nucleusの様なブログを作成していると、Googleといった検索エンジンに、どれだけ情報がストックされるかが、アクセス数を左右される条件になりますね。という事で今回は、ブログというか、ウェブサイトのGoogle対策のメモ書き。

 できるだけアクセスを受けるようにするため、有効になると言われているのが、Googleのサービス。Googleサイトマップだ。Googleがやっているだけに、折り紙付きと言う訳か(笑)

 サイトマップの記述方法ですけど、Googleに掲載していました。例えば、静的なページなら、サイトマップ生成ツールが使えるかもしれません。
https://www.google.com/webmasters/sitemaps/docs/ja/sitemap-generator.html

 それじゃあ、ブログの場合はどうしたら良いか。そのブログに会った、作成プログラムを要して見ると良いという事になりますね。
 しないと、どんな弊害がでるかと言えば、毎日Googleがチェックしてくれれば、エントリーをすべてキャッシュしてくれるけど、そうでない場合は、漏らしが必ず出てくる。しかし、サイトマップを表示しておけば、全エントリーを見てくれると言う事らしいよ。

 さて、それでは、今使っているブログのシステムNucleusだと、どうやるか。
 Googleサイトマップの対策プログラムが紹介されています。 こちらをスキン設定すると、表示できるようになります。

 ちなみに、紹介したページでは、スキン設定が省略されています。最初私も試しに作ってましたけど、表示する事できずに困っていました。ですけど、英語版のサイトで詳しく紹介されていました。これはうれしい。
 ちなみに、しし丸先生のサイトマップ表示はこんな感じです。

一応インストール方法を、おさらいするとこんな感じ。英語版から、作成していますので。あくまでも参考と言う事で…。

  1. ダウンロードサイトから、必要なファイルを落とす
  2. sitemap.phpをconfig.phpと同じディレクトリにアップする(Googleサイトマップ用のために第一階層に置く事がベターでしょうか)
  3. sitemapのディレクトリをskins/に設置
  4. Nucleusでadminに行きSkins(スキン編集)を選択
  5. 新しいスキンを設定。名前は”google/sitemap” とでも、なんでもいいかと
  6. スキン編集を押して、「メインの目次ページ」に以下の文章を設定しアップデートする


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset
  xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84
  http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84/sitemap.xsd">
<url>
   <loc><%sitevar(url)%></loc>
   <changefreq>daily</changefreq>
   <priority>1.0</priority>
</url>
<%blog(google/sitemap,9999)%>
</urlset>

  1. 次にテンプレートの設定。「テンプレート編集」を押す
  2. 新規テンプレートを作成。名前は”google/sitemap” とでも…。
  3. テンプレートの編集を押して、「アイテムの本体」に以下を追加して更新。


<url>
   <loc>your-way-cool-site.com<%itemlink%></loc>
   <lastmod><%date(utc)%></lastmod>
   <changefreq>weekly</changefreq>
   <priority>0.8</priority>
</url>

ちなみに、your-way-cool-site.comは自分のURLを記入する。

これで、sitemap.phpで表示されるようになるはずです。
確認したら、Googleサイトマップに登録しましょう。

私はこの方法で、設定する事ができました。

さらにレベルアップするには、こちらのページが役に立つようです。
http://www.lacrime.net/item_1470.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です