欲しい社員を無駄なコストゼロで採る方法

欲しい社員を無駄なコストゼロで採る方法
大友 常世
4478440549
 WEBを使った採用方法について書かれている本。
 単純に人材募集サイトも使っているけど、そうじゃなくて自分の会社のサイトに、どうやって人材募集のメッセージを残していくか。そして、どうやって自分の会社を理解してもらうか。とにかく最終的にはミスマッチをどうやって回避していくか。その秘訣は、WEBにとにかく情報を載せる事にある、とこの本は説いている。
 
 多分、WEBの情報の基本。掲載量が説くに決まっていないWEBと言うメディアで、どうやって理解してもらう情報を載せるか。買ってもらう情報載せかたと同じだろうね。

 さて、求職者側からすれば、どんな情報を載せてもらいたいか。一番の要望は、職場の雰囲気がわからない。会社のイメージがわからない。採用情報だけでなく、仕事の中身がより知りたいと。
 説明すべき事が実は書いていない、ということは非常に多いと言う訳だ。

 会社の情報としてはどんな物を残すべきか。ここでは4つのポイントが上げられている。

  • 自社の訴求ポイントを探す
  • 情報の上位づけ
  • 導線としてのサイトマップを準備する
  • そして導線の仕組み作りを手抜かりなく

 最近の就職事情は売り手市場と言う事も言われている。でも、実際のところは仕事が出来る人は大変だけど、そうでもない人はあいかわらず就職難だ。良い人に惚れられる、そんな企業紹介のページを作ろうではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です