日本一やさしいネットの稼ぎ方

日本一やさしいネットの稼ぎ方ーネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか
平賀 正彦
4894512297
 読んで見るとわかるが、こむづかしいマーケティングのキーワードを使わずに、かなり正攻法の、それも細かいところで見ると、プロが使っているネットマーケティングの手法が随所に。けっこうコンサルティングされている方の手法が書かれているので、同じWEBやからすれば、大丈夫かしら? とも思ってしまう。
 手法としては、GoogleやYahooのSEO対策に始まり、お客の取り込みをどこからするか。検索エンジンのどこに力を入れるか、これなんかがはっきり書いてある。
 そして、アドワーズやオバーチュア。やっぱりある程度広告費を出さないと、ネットでお客はつかむ事が出来ない。そのためにどの程度の頑張りが必要か、時系列でているので、初めての人からすれば「なるほど」と思う事請け合いでしょうね。
 また、かかる費用もしっかりかかれていますよ。
 「このくらいの金額なら出来る」
 この本の事情を知れば、そう思ってもらえると思いますよ。

 また、ホームページこの構成方法にも初心者向けの内容が。最初の時には単品販売が効果的だったりする。これは、お客さんが迷わない。確かに重要。でも、最初のうちだけだから、あとはどうやって育てていくか。それはとても重要だけど、この本にはそこら辺が少ないなあ。やっぱりある程度の規模のサイトを目指すとなると、そのノウハウはちょっと本には出せないかな。
 
 また、わりかし最近のアフォリエイトの販売方法も触れられている。確かにこの本に書かれているように、自分ではなくて人に売ってもらう事は、とても重要だ。また商材によっては1万位のアフォリエイトが付くと、アフォリエイト好きな人にとっては、けっこう一生懸命売ってくれる。商品単価が安くなく、また利益率が高い商品なら、アフォリエイトは非常に効果があるだろうね。
 でも、アフォリエイトにもう一つよく売れるものがあって、あふぉりえいたーが好きそうな情報商材と言うのが一時期はやったなあ(笑) 紹介してくれる人が買ってくれるので、確実に売れるなんて話もありましたなあ。

 ともあれ、とり合えずホームページは作った。それじゃあお客は? なんて言う人にしっかり教えてくれる良書だと思います。
 でも、売れる形のHPのテンプレートは、正直むなしくなる商品だと思いますので(本業の人間からすれば…) こういうのを使うのはどうなのかなあとも。まあ、人それぞれだからいっか。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です