折込チラシの絶対法則

折込チラシの絶対法則ー消費者ニーズに合わせた販売戦略100事例
堀内 敬一
4757301634
 色々なデザインを見る事はどんな仕事でも参考になる。それは、「どうやって人に見てもらうか」、と言う事を何度も経験して出て来た法則なので、なるほど!と思う事が。

 チラシは、私は大好きで正直新聞よりもチラシの方が楽しみだったりする。お買い物好きだからと言う事もあるのでしょうかね。でも、そのワクワク感も演出されているからこそと言う事でしょうか。

 チラシの例も幾つも載っているけど、例えば季節のチラシ。例えばお正月、お雛さま、母の日父の日、お盆など、こうよく見てみるとお寿司やお刺し身お肉など、けっこう同じような商品もならんでいる事があるんだけど、見せかたによって、雰囲気がだいぶ変る。やっぱり演出って面白いなあ。

 あとよくみる右肩上がりの値段表示。あれも、15度前後にすると言う決まりがある見たい。その外写真も正面から取るとおかしくて、少し斜めに必ずになっている。色なんて、まさにデザイナーの見せ所と言う感じでしょうか。

 本を見ているとチラシも、工夫次第で色んな演出が出来るなあと感心する事、多いですね。普段見ているチラシも、「見せかた」と言う違った視点で観察すると新しい発見があるかもしれないですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です