勝ちぐせで組織は強くなる

勝ちぐせで組織は強くなる
高野 研一
4492532064
 『強い組織』というのは、最初から存在しなくて、「強い組織になっていく」というのが、正直なところらしい。
 その強い組織になるためには、リーダーシップが必要だ。強力に推し進めて、期間6ヶ月で、成果を出すようにしないと、組織としてダメになってしまう。そのための工夫とはどんなことだろう。というのが、この本の趣旨のようだ。

 そのリーダーシップを持って進める為に、必要な要素が4つあると言う。

  • ビジョンを示す
  • 先手を取る
  • 得意技を持つ
  • 全員に当事者意識を持たせる

 リーダとしては、自分たちの持っている資源の研究に加えて方向性、そして、従業員の意識改革を一辺に進められると言う事が必要と言う訳だ。

 この流れを生かす為に、この本では流れ図を持って示している。基本はビジョンを元にどのように実施していくか。そして、責任をどこに置くかという事でしょうか。

 ビジネスリーダーについてもしっかりと要求されている。

  • 現場の業務に熟知している事
  • あるべき姿から、今やるべき事を示せる事
  • 部下に役割を与え、モニタリングし、必要な時に叱れる事。

 当然ついてくるものの為に、どれだけリーダーシップが発揮出来るか。共に両輪の輪になって進まない限りは『勝ち続ける組織』というのは、でき上がらないと言う事か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です