天然まんが家

天然まんが家
本宮 ひろ志
4087475298
サラリーマン金太郎でおなじみ、本宮ひろしのマンガ模様を綴った一冊。ここまで裏側はなしちゃっていいのかと、見ているこっちが恐縮してしまう。

製作者の裏側。それは自分自身をさらけ出すようなもので、作品の中に自分の今ある問題が反映されている。よく小説ではあるんだけど、本宮先生の「俺の空」や「おとこ一匹ガキ大将」には書かれていたんだろうねえ。その様子が、つくづく、大変だなあと言う状況で書かれている。人生がまさにかかっている感じだ。
 その、本宮先生の一言で一番重いなあと思ったのが、これ。
 「最近思う。昔の編集者を知る古手のマンガ家として、明らかにマンガやマンガ家に対して、感動を持つことのない編集者ばかりになってしまったことを。」
 そのくらい、編集者と作者ががっちり手を結んでいた時代だったんだなあ。

 話題は変わって。
 本宮先生は、ある意味マンガをしっかり産業として考えているようで、分業制がしっかりしているようだ。本人があんまり描いていない(笑)。 マンガの世界では常識ではあるんだけど、本人が描く都は限らない。もう知っているだけでも、あの先生は描いていないし、顔だけだし、あの先生は、あのキャラほとんど描いた事ない、なんてことも。
 本宮先生も、この事本に書いていい仲なあとも思いながらも、例えば、きれいな女性が多く出てくるけど、その絵を描いているのが、実は奥さんが描いているなんて話も。カットは娘さんだったりねえ。

 こういう意味では、マンガと言う常識を、どかんと書き換えてくれる、そんな一冊でもありますよ。幻想頂いている人多いみたいだからね。

 ちなみに、私の好きな『天地を喰らう』や「夢幻の如く」の話も。天地は途中で終わったのが残念だけどね。夢幻の如くは、まさに痛快無比。歴史の常識破壊って感じで。
 いまは安いので、読んでない方は古本でゲットするのも良いかと思いますけどン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です