40倍稼ぐしくみ

40倍稼ぐしくみ
池本 克之
4569655068
 何に対して40倍儲かるのかよくわからないけど(笑)、とにかく通販を生業としたときに、どんな手段でお客さまに買ってもらうのか、その手練手管を見せてもらえた一冊。

 基本的に、「物を売る」ということにローテクもハイテクも、そしてアナログもデジタルもない。その詳しい購入に進む手段とはどういうものでしょうか。ともかく、買ってもらう為に、7つの段取りがあります。これはどれもはずす訳に行かない

  1. 集客
  2. 商品
  3. 受注
  4. データベース構築
  5. 販売促進
  6. 配送・集金
  7. アフターサービス

さて、この本では、どれが一番大切と唱えているでしょう。それは、データベースです。お客さまの顧客リストをとにかく作っていく事。そこから、仕事が始まっていきます。

 さて集客においてどんなことが重要でしょう。著者は、臨機応変、状況に応じてとにかく変える。そして、効果があったら徹底的に攻める。これが重要のようです。諦めずにやる事が重要かな。
 そして、受注。ココはやはり、専門でやっていただけある。よく見ています。
 例えば、フリーダイヤルは必要か? これは、そんなことがないと。あまり結果も変らなかったそうです。へー、それはまさに現場の声。
 ちなみに電話での受注が一番大変です。なので、それはあくまで儲かってから。それまでは確実に受注がわかるハガキや、ファックス、ネットをうまく使う事が小さな仕事の時には重要な事です。

 さて、それでは一番のデータベースは、どこから始めましょうか。最初は電話帳でも良いようです。その反応がきた人から、どんどん本データに入れていく。そして少しずつターゲットをずらして、実際に一番ヒットがあるのは何か調べていく。つねにトライアンドエラー。そこから得た結果は、まさに、財産となる訳なんでしょうな。

 それが見えてくれば、リピート購入もあるかもしれないし、ご贔屓様ができ上がるかもしれない。そういう人は、まさに会社にとって、財産ですからね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です