人生の答えはいつも私の中にある

人生の答えはいつも私の中にある

I had it all the time

自己啓発本の中で、アマゾンの批評でも非常に評判の良かった本。はてさて、どんな本なのかなあと思うと、高名なお坊さんにお話を聞いた感じがする、そんなステキな本でした。

何か、嫌な事、困った事があると他人のせいにしたり、ものに当たったり。そんな事はする必要はなく、全ては自分の中に解決する手段はある。そんな含蓄のある言葉が折り込まれています。今は精神的に困った状態ではないけれど、きっと何かに打ちひしがれたとき、この本があると、かなり助かる気がする、そんな「心の薬」のような本かも知れない。

よく、自己啓発に書かれている事、「苦しさ」は外的なものじゃない、自己から発生しているということが、ここまで詳しく書かれている本はないような気がする。
書かれている口調も、静かな調子で、非常に落ち着いた気がしたステキな本。自分を地獄に落としているのは、自分に過ぎないという一文には、「なるほど」と思えるところがある。

全ての助かる道は、落ち着いて自分の場所を見つめ、自分のとるべき道を気づけるか気づけないか、それだけなのかもしれない。

世の中は、思った以上に愛に満ちている。そして、自分は思った以上に素敵なもので、自分の昇る道は、自分から盲目にならない限り、どんな混乱からも整然は生まれる。だって、神は混乱の中から、今の世の中を作ったんですもの。

ふーーん、なるほど。一つ一つが、うならせてくれる。
心に響く、ステキな本ですな。何かの時のために、本棚に一冊あると良いような。心の常備薬になりそうな、そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です