検索エンジンがとびっきりの客を連れてきた!

検索エンジンがとびっきりの客を連れてきた! 中小企業のWeb2.0革命
佐々木 俊尚
4797335920
 題材にWeb2.0なんて言葉が入っているので、何か新しい切り口があるのかなあと思って手に取ってみた。そしたら、基本的にはオバーチュア[G]やGoogleアドワーズといった検索連動広告を使った中小企業の成功例という本でありましたな。
 まさにタイトルのつけ方の勝利と言う事でしょうか。おいらも買っちゃったしね。

 まず検索エンジンの連動広告、いったい何?と聞く人がいたら、一度YahooやGoogleの検索エンジンで、[G]とか保険[G]なんて言葉で検索してみて下さい。検索してみると右側に、幾つかの企業の広告が並ぶはずです。
 この右側に載せる部分。広告費として、1クリックいくらという事で販売されています。その広告は、入札制で一番上に行けば行くほど、価格が高くなるとか。何でも車の保険だと、一番上は1000円以上という価格らしいですね。それから、聞くところによると、某人材募集関係の本を出版している企業は一月うん億円とかって話らしいですけどね。
 当然最安価格というのもあって、1クリック9円もしくは15円と言う事も可能です。これは言葉の使い方をうまく使えるかと言うのが極端に出てくるでしょうね。

 さて、そんな検索連動広告。うまく使えば、かなりの人を呼び込んでくれる様子。当然検索キーワードにもよるし、そのクリック後のホームページにどれだけ情報を詰め込んでおけるか、理解してもらえるか。この連動がうまくいくと結果が出ると言う事でしょうね。
 また、料金の上限も決める事も出来ますので、無理もせずにすむ。

 結果を出す為にも、商品をどう見せるか。また、商品をどのように構築するかというのが、やはり重要ですね。結果を出す為にも、その点の頑張りは忘れないようにしないと、いけませんね。
この本の中でみそやさんが言っていた事が心にずしんと。
「会社の経営者なんだから、売り上げに直結するようなことは必死にやらなきゃ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です