シュガーマンのマーケティング30の法則

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは
ジョセフ・シュガーマン 佐藤 昌弘 石原 薫
4894512203
 この手のマーケティングの本は数読んでいるけども、やはりすごいホント会えたときのうれしさと言うか、読んだときのワクワク感と言うのは、何度味わってもいいものだと。
 この本は、あらゆる意味で、「物を売る」と言う業種の人ならば、一度は目を通す価値のある一冊だと思う。だって、様々あるマーケティングの本のエッセンスがすごく詰まっているのですから。

 まず、30の法則ですけど、まずこれは納得させられるの購買理由が並んでいますね。というか、見逃してしまいがちだけど、この法則をうまく組み合わせられれば、きっと売れるだろうと確信できるにちがいない。

 例えば以下のような奴。

  • 単純明快である事 お客の抵抗感をどれだけ減らせるか
  • 正直さ 誠実に欠点を知らせる事が、逆に売れる決定になると
  • 帰属意識 持っている事へのステータス、そしてブランド化

 このような、道へつながっていき、お客さまを虜にする方法が例と共に30のエピソードにつまっている。うーんと唸ったり、なるほどなあとうなづく事も非常に多いですね。そしてエピソード事態が非常に面白いので、読みものとしても楽しくできている。良くできています。

 そういえば以前取り上げた「5日で身につく「伝える技術」」。こちらに紹介されていた、プレゼンテーションの方法をつかって、しっかりトピックごとの紹介にも使われていました。そのプレゼンテーションの構成とは

 イントロ+内容+エンディング そして、その後に各章のまとめ。

 この本はプレゼンテーションの技巧書としてもすごく良くできています。ビジネス本、そして、教授法の本の作成を考えている人は、この本の記述方法に関しては、まねるというか、見習う点が非常に多い気がしています。教科書的な構成でもありますね。

 と言う事で吸収する事が多い本。一読の価値ありです。

追伸
この本の監修者、佐藤さんのホームページで、このシュガーマンの30の法則などを詰めた手帳を作成している様子。ちょっと欲しい気がする。
http://www.marketingtornado.co.jp/edu/2007.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です