見える化

見える化-強い企業をつくる「見える」仕組み
遠藤 功
4492532013
 見える化。とにかく会社の中にある問題や、直面している問題、そして経営方針。そう言った事を見えるように出来る事が重要ですよね。見えないとわからないから問題はそのままだし。
 それを避ける為に、見えるように工夫する事が重要ですね。

 その工夫の仕方がこの本には。この本では状況を見る為に5つの視点を持とうと。

  • 問題の見える化 

 これが中心になりますね。これを保護する為に、さらに5つの視点を

  • 異常の見える化
  • ギャップの見える化
  • シグナルの見える化
  • 真因の見える化
  • 効果の見える化

 この効果を得る為に、例えば顧客の声は張り出すとか、進行状況をどう見せるかと言う仕組みを各社しているようだ。難しいシステムを取り入れているところもあるが、けっこう情報を直接貼りだすと言うだけでもかなり効果があるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です