「3日坊主」でも使いこなせる手帳術


 12月と言えば、新しい手帳を用意する季節です。私もすで来年の手帳を用意しました。

 その手帳ですけど、単純に予定を書くだけではもったいないです。私の場合は、そこに仕事の経緯ととにかくタスクが終わった事を書き示しています。あらこんなに一日で仕事したのねって、感じになりますね。

 この本では、手帳に、良かった事をどんどん書き記していきましょうと書かれています。なるほど、このやり方は心の病の方の回復術にも使われている内容ですね。自分がどれだけ良かったかを書き示す事で、自分の中で自信と前向きが育つようですね。

 また手帳は何も近々にある事を書くだけじゃなくて、もっと将来どうしたいか。1度今ある制約を外してしたい事があるか。自分の中で改めて考える手段になるようです。

 手帳も考え方で様々な使い方が出来るもの。単純に予定を書くだけにはもったいないものですからね。うまく使いましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です