ある広告人の告白[新版]


 広告と言うものは、一つの記事を書く事で多数の人の心を動かす事が出来るもの。でも、その書き方や表現方法で、その結果は大きく異なっている。

 この本では、長い期間広告業界に携わった著者の経験談を語ってくれている。その経験は、例えばwebでも有効な手段だとおもえる物も多くあった。

 個人的になるほどな後思ったポイントはこんな感じ。

  • 広告について重要なのは、広告の商品について何を言うか、ということ
  • 素晴らしいアイデアが中心に置かれていないキャンペーンは失敗する
  • 真実を述べよ。 消費者はバカではない。消費者はあなたの奥さんなのだ。
  • 人を退屈させておいて、物は売れない
  • 運良く良い広告が出来たら、効果が薄れるまで繰り返せ
  • 家族に読ませたくないような広告は絶対に作るな

以上のように、すごく核心を突いているし、今までのコンサルタントと呼ばれる人たちが行っている事も多く含まれている。この本自体は元は古い本なので、多分ここからとってきた話は多いのでしょうね。

 また、コピーからどうやって人を引きつけていくか。その手段も大きく扱われていた。この部分は勉強になる。

  • ヘッドラインとボディーの間にサブヘッドをうまく入れるとこれから読む事に期待感が高まる
  • ボディーコピーの書き出しを大きな文字にすると読む人が13%増える
  • 最初のパラグラフを短くする。長いパラグラフは、読む人に恐怖を与える
  • 明朝体のフォントはゴシックより読みやすい。読ませるなら、選択肢として。
  • 所々に写真や絵を入れる

 その他行間の入れ方や文字の大きさにも気づかう必要がある。ちょっとした事がで大きく結果が変わってくる。
 ちょっとした傷会をマネ出来れば良い結果を導きだせるかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です