「読ませる!」文章術

「読ませる!」文章術ーあなたのビジネスチャンスが10倍広がる
沼田 裕
4804716882
 テクニックで本当に人は文章を、より良く読む事はあるのか?

 この本にはその回答と、やり方が書かれている。それでは、実際の効果の程は?

 以前より、この本の元になっていたメールマガジン「パワーライティング」をずっと読んでいた。その時から、毎回唸るテクニックが紹介されていて、「なるほどな〜」なんて思いながら、読んでいた。
 メールマガジンもいくつも取っているけど、結局読んでいるものって、実は数部だったりするもんなんですけどね。でも、このメルマガには学ぶ所が多かったので、本になるのは非常にうれしかったのです。
 そういう意味では、この本の手法通り、わたしもメルマガをしっかり読んでいたので、最初質問には、「効果あり」と答えるしかないでしょうかね(笑)。

 テクニックの手法は、まずは見出しにあり。見出しの書き方も幾つかあって、それをあげると。

  • 呼びかけでひきつけろ
  • ダーティーワードをうまく使え
  • うそはNGでも、誇張はOK
  • 謎を残せ

今回のブログの記事もその謎を使ってみたんですけど(笑)。これで本当に読んだ人が増えたのなら、本当にすごいのですけどね。

 文章の構成の仕方も、理にかなっている方法が紹介されている。まさに、うまく「型」にはめる事で、興味ある文面に変換している。

 例えば、最初の文面に「ツボ」となることを振って、読者に「なにそれ?」と思わせる手法や、「旧常識」と「新常識」を並べる方法など。そのやり方をちょっとしていれば、文面が変ってくる。それだけでも、読もうと思っている人が増えたなら、それだけも効果あるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です