映画インクレディブル・ハルクみてきました

Hulk, World War Hulk (Incredible Hulk)
John, Jr. Romita
0785125965

レイトショーでみてきました。
夜だし、田舎だし、映画自体も、あんまり話題になっていない(笑)ので、きっとお客さん、いないだろうなあと思って行ってみると、思ったより人がいましたね。
前の作品がダメダメだっただけに、ちょっと意外。

ストーリーを簡単に言うと、
放射線浴びた人が、興奮すると、「ガオーーー!」って変身しちゃう。
それを悪用しようと軍が追ってくるけど、嫌なので逃げちゃう。でも追い詰められて、ビックリしたもので、「ガオーーー!」と暴れて、まあ大変。
そんな感じですねえ…。

予告は、Yahooに特集ページがあるので、そこでみて下さい。

今回の作品は、きちんとハルクをわかっている方が作っている。
あんまり考えずに、ハルクは暴れてくれます。
どうも設定がちょっといいキャラ過ぎ、と思いましたが、それでも、ほかのアクションシーンで満足させてくれます。最後は、あまりに暴れすぎて、画面がちょっとわかりずらくもなっていましたが。
最初はちょっと退屈気味ですが、話が動き出すと、アクション多くて、結構楽しめます。ハリウッドらしいバカ映画、ってかんじで個人的には好きな映画に仕上がっていました。

やはり、アメコミ好きは視るべき映画に仕上がってましたね。 そこはうれしい。
そして最後にアイアンマンが出ましたなあ。これはやっぱり、アヴェンジャーズへの布石と言うことでよいのかしら??
マーベル、映画のためのすごい資金用意しているから、きっと作ってくれると期待しています。

カーズ

カーズ
ジョン・ラセター ジョー・ランフト ラリー・ザ・ケーブル・ガイ
B000IAZNWC

やっと遅ればせながらPIXARの最新作、「CARS」を見ました。最初の作品からPIXARだけは見続けていますけれど、本当に技術の進歩は凄い。

 背景を見ていても、あのほとんど自然とまごうばかりの情景を作るセンスは、本当にお見事としか言いようがない。そして車が走るシーンの煙、砂煙、火花など細かいところまで、すばらしい表現。
 CGの技術はここまで来たんだなあと、ため息をつきながら、その力に、圧倒されてしまいましたねえ。

 さて、話の筋は、ルーキーながら「ピストンカップ」の優勝を狙うカーレーサー・ライトニングマックイーンがふとした事故からルート66の田舎町ホットスプリングスで、であうことを中心にお話が展開されていきます。

 車だけどレースシーンや都会的なシーンが中心かと言えば全くそんなこともなく、自然とその情景の中で、人と人(?)の対話から、何かを学んでいく。そんな話。雰囲気、結構派手なのかなあと思うけど、思った以上に大人がグッとと来る話なので、うちの子にはあまり受けなかったなあ。
 アニメだけど、かなり大人向けな作品ですよねえ。

 そして、毎回楽しみの短編は「One man Band」が付いてきました。相変わらず、短編は技術の挑戦的な傾向が強いんだけど、面白さは常に保証付きなのが凄いですわ。

 さて、カーズはカーズで面白かったけど、早速ピクサーは2007年に向けて最新作を準備しているようですね。作品は「Ratatouille」。
 グルメなネズミが中心に、パリを舞台にした作品のようですけど、多分ピクサーですからねえ。一筋縄で行かない作品でしょうね。
 プレビューは以下のページから見る事で来ますよ。
http://www.pixar.com/featurefilms/rat/

リロ&スティッチ

リロ&スティッチ スペシャル・エディション
三ツ矢雄二 山寺宏一 石塚運昇
B0009Q0K3M
 以前からTVでやっているシリーズもあって、気にはなっていたのですよ。その番組を見ていると、とってもほんわかした雰囲気と、ハワイのあったかいイメージがあって非常に面白そうだなあ、と。ムスメはミッキー好きですから、ディズニーランドの話題を見ていると出てくるのが、「フリフリ.jp」なる、ステッチを主人公にしたイベントが。思ったよりメジャーキャラクターなのかなあ。

 という訳で、気になっていたこの一本、見てみました。SF好きにも奨めそうだし、ハワイの自然好きにも。
 SFちっくに始まるこの作品、銀河連合に逮捕された博士、それが発明したのは破壊の限りを尽くすクリーチャー。護送中に逃げだして、落っこちたのがハワイ。そこで現地の子供に名前を付けられたのが、「ステッチ」。名付けたのがリロ。
この二人を中心にハワイを舞台に宇宙を相手に、むちゃくちゃしまくるのがこの作品と言う訳だ。もっと素晴らしく紹介しているサイトは、どっかにあるかと思うので。そちら参考で。

 最初の作品は、ちょっと重い話も多かったか、3才の子は少し飽きていたかな(笑) でも、大人がクスリとするシーンはとっても多かった。エルビスプレスリーの物まねのシーンなんかは、良くできているなあ。本当に好きな人が、作っているのもあるだろうね。

続きを読む

ミッキーマウス / カラー・エピソード Vol.2

ミッキーマウス / カラー・エピソード Vol.2 限定保存版
B0002A3YL0
ミッキーマウスが主人公のアニメって最近の子供ってみていないような気がしていますが。

むかしの映画の傑作から割合最近の短編までかなりバラエティーに飛んで収録されています。むかしの作品は1939年ころの作品なども収録されてます。第二時大戦前ですw カラーの作品すでにアメリカにあったんだあ、そんなことに驚いたり。
むかしのアメリカものアニメにはクラシックをうまく生かした作品も多く、そういった作品が好きな私はとっても楽しくみることできました。

2枚目のディスクには最近のミッキー作品が。グーフィーやドナルドなど、今の作品をみてもキャラの存在感はかわらず。でも手法はこってますね。丁寧な過去の作品と革新的な現在の作品。ともにみることができるすばらしいDVDですわ。

まだ比較的手に入りやすいのでミッキー好きは手に入れる価値あるでしょうね。
私は得した気分でした。

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE

スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE
永井一郎 森川智之 浪川大輔 磯辺万沙子
B0008EMLFK
 Cartoon Networkで放映されていたスターウォーズのアニメ版。エピソード2と3の間の話をオリジナル・アニメーションで、見ることが出来ます。
 現在は VOLUME TWOが放映中。スターウォーズ エピソード3公開まで後わずかな時間。その間に楽しんではいかがでしょう。

 番組では、話しているシーンはごくわずか。戦っているシーンがほとんどなので、まあ、忙しい忙しい。ライトソードをぶんぶん振り回して戦うアナキンは圧巻だし、マスターウィードは素手でドロイドに突っ込んだりと、かっこいい絵だけど、やってることは無茶苦茶で面白いたらありゃしない。

 エピソード3でも登場するグリーバス将軍も圧巻。スターウォーズ好きなら、ぜひ見てみて下さい。面白いはずだから。