長野の田舎に来ています

 やっぱり東京に比べてどれだけすごしやすい事か…。
 ただいま実家の長野に来ています。夜なんか涼しいを通りこして、窓明けて寝たら寒いくらい。ちなみに、うちの娘は布団からでて寝ていたために、鼻水たらしていますよ(汗)
 何よりは、お天気に恵まれた事。いい天気なのが嬉しい限りです。

 土曜日は偶然お祭りが。久しぶりに田舎のお祭りに行くと面白いものですな。人が少ないのも、ビックリしましたが、繁華街にはそれなりに。出店もいっぱい会って、子供も大喜びでしたよ。
 やっぱり時間が経つと昔会った店が無くなって、新しい店も。おいしいおそば屋さんが出来ていたりしてね。

 
 今日、日曜は嬬恋村経由で、軽井沢まで。

 天気も良かったし、途中売店で買った野菜もおいしかった。嬬恋村のキャベツは、おいしいですわ。軽井沢でも。おもちゃ王国で子供は疲れて途中寝ちゃうほど、楽しんだようで。奥様はプリンスのアウトレットで以前から欲しいと思っていた靴がごそっと、購入出来た事に嬉しかったようです。

 家族皆で遊べる、という意味では、こっちでいるのは、涼しいし、楽しいし、結構幸せです。
 こっちで暮らせるようになると、良いんだけどなあ。夏に暑くなればなるほど、そう思う。
 

失礼ながら、その売り方ではモノは売れません

失礼ながら、その売り方ではモノは売れません
林 文子
475050503X
 現在のダイエー[G]の社長さんの一冊。
 この人の本を読んでいて思ったのが、本当に現場たたき上げ。実際に車のセールスからスタート。実際にお客さんの家を夜の10時、いやさ、それ以上の時間まで働いて回っていたらしい。確かにそう言った姿勢は凄いとも思うけど、マネして家庭を崩壊しかねない(自身も言っている)ので注意すべきかな。

 現場を盛り上げると言う意味でもBMWのショウルーム展開が役に立っているのかもしれない。そんなエピソードも掲載されたいた。ちょっとした心がけ、見方でどれだけ仕事の現場がよくなるかというのが如実にでているところが、やはり現場力と言えるところでしょうか。

 これからのダイエーは実際にどうなるでしょうね。ダイエー 株価[G]を見ていると、現在はどうも停滞中。一店舗の盛り上げは大成功したが、全体となるとなかなか難しいと言う事かなあ。

 これからに期待をしながら。

他人を使えば何でもできる!

他人を使えば何でもできる!ーだれでも成功できる極めつけの方法
中島 孝志
4492042563
 なんともひどい話である(笑) 口八丁をうまく駆使して、自分にとって酔い環境を作りましょう、という本ですよ。ここまで書いてある本も珍しい。身もふたもない本だ。

 でも、ちょっとした褒める、のせるができれば、人間関係と、自分のまわりに好影響も与える事が出来る、という事かな。
 この本にも書いてあったけど、「言葉はタダ」。これで良い恩恵を与えられれば、安いものだなあと。ただ言ったからには、それに伴う責任は果たさないとね。

スーパーマン試写会行ってきました

super man
 スーパーマンの試写会。行ってきました。
 最初のシーンは、ちょっと体調悪くして、映画上映前に、一旦逃げたので見られなかったけど、途中から復帰して、しっかりとメインのシーンは見てきましたよ。

 本当に、いい意味で昔ながらのスーパーマンが「帰ってきた」と感じられる、そんな一作でしたよ。
 クリストファーリーブのスーパーマンに良い思い出ある人だったら、絶対に泣けるくらい、スーパーマンの壺を押さえた作品になっています。

社長力の真実

社長力の真実 袋とじDVD付
株式会社ワイキューブ
4862120296
 人材採用のコンサルティングで有名な会社、ワイキューブの一冊。採用を考える会社であれば、どのような考え方、そして社長としてどのような準備が必要か、考えさせてくれる一冊。
 そして、それ以上に面白かったのは、DVDによる社長改造にまつわる話しでしょうね。

 当然ながら遠慮と言うか、周りを卑下して社員の紹介をする、っていうのは日本の会社だとたびたび行う事かなあと。
 でも、それを採用現場に持っていったらどうなんでしょう。
 この本の社長さんもやっていました。そこでは、採用されそうな学生さんからすると。「あ〜、俺もこんなふうに扱われてしまうんだろうなあ」
 そう思ってしまったら、会社に入りたいって思うでしょうかね。

 コーチングではないけども、社長と言うか、上に立つものは周りの力で成り立っていると言う事は理解しないと。その上で、その力を貸して下さいということで社長は考えてもいいんじゃないでしょうかね。
 
 「採用」と言う面だけじゃなくて、「会社のアピール」と言う事で、どういう風に説明していくか。その詳細を考える意味で良い本、そしてDVDかと思いますよ。

東京おもちゃショーに行ってきましたよ

東京おもちゃショーに行ってきましたよ。

ムスメが公開録画する「モンすたージオ[G]」が見たいもので。
で、行って見ると、結構着ぐるみ人形さんがいっぱい。

うちの下の子、着ぐるみが怖くてシカタガナイのですよ(笑)
以前から大好き、NHKでおなじみ、いないいないばぁの、わんわんのショーも会ったんですけど、始めてみる本物のわんわん。大きさに驚いてショーの間は固まってました。
近づいてくると「こわいー」とかいってしがみつくの。親からすれば楽しかったですわ。
そして、歩いていくと、そこら中に着ぐるみやショーも。
エルモや、よくわかんない怪獣。そして、「てじなーなにゃ」の山上兄弟[G]。現地のパン屋ではパンダの着ぐるみまでw
一番怖かったのが、バイキンマンらしく、近づいてきただけで、「ぎゃー!!」と半泣きになってましたよ。

恐怖。バイキンマン。あー面白い。

結構マニアックな商品も紹介されていました

幼児もので目をみたはったのは、この乗り物。

車も結構ディスプレイされていました。

Longman Children’s Picture Dictionary

Longman Children’s Picture Dictionary
Longman Carolyn Graham
0765266490
 最近わたしの奥様が英語に興味を持っているようです。そうのおかげか、私は特に興味がなかったんですけど、奥様が子供に英語のビデオを見せたり、CDを聞かせたりしているようですね。
 日本の歌でもあるんですけど、体を使いながら一緒にやる歌も多いので、子供からすればお遊戯の延長と言う感じで、楽しんでやってくれています。

 さて、そんな感じでお遊戯や、いろんな物事を別々の本でやるとなると結構お金がかかっちゃいます。そこら辺うまくまとまっている本ないかな〜と、思っていると、ありました。
 辞書で有名なLongmanですから非常にうまく単語がまとまっています。これなら、英語に挫折した人でも理解しやすいw。そして、英語の歌もいっぱい入っています。おかげでABCの歌2歳の子がそらで言えるようになりました。あいうえおは、まだですけどね。でも、楽しそうに音に合わせたり、辞書と言うより絵本的な本ですから、「これなーに」なんてみています。
 親としたら、英語で答えても良いですし、小さな幼児なら別に英語で答えるんじゃなくて、日本語で答えても十分楽しいですよ。

 全ページ、カラーで大きな写真と絵で興味深そうに書かれています。そんなに高くない本だけどCDも2枚ついてくる。
 そう言った意味で、非常におすすめできる。そんな本でした。

 ちなみに、CDはiTuneできちんと楽曲名出てきますよ。

ぐるなびー「No.1サイト」への道

ぐるなびー「No.1サイト」への道
滝 久雄
4532312744
 ネット系ベンチャー企業の、一つの成功例。ぐるなび[G]。その成功と言うか、拡大はどうやって行われたのか。会社の急成長の秘けつは? そういった見方半分。そしてシステム周りの設計はどうしたのか? あれだけ大きな規模だから、何か工夫はあっただろうなあとも。

 読んでみて思ったのは、とにかく猛烈営業会社だと言う事。
 ぐるなびを見て思ったのは、加盟店が非情に多いと言う事。それは、月3000円でお店を紹介するページを持てたと言う事。それを起爆剤に、一気にたくさんの加盟店を増やしていった。だからこそ、サイトとして注目されるようになったんでしょうね。
 そして、ある程度インターネットの有効性がお客さんに認められると、今度は、VIP待遇と言うか、特別会員の制度を。だからこそ、大きな収益を得られたんだなあ。
 
 しかし、その大きな会社育成は、大きな営業力によっていたというのにも。日本中に営業部隊が行く姿は、まさに根性物語。例えば、いままで3000円のお店紹介で獲得した、社員の地位。新たな特典のついた5万円東サービスを始めたときに、一気に全員ヒラと言う思い切った事も。やめた方もいたでしょうねえ。でも、その思いきりと営業の根性がいまのぐるなびを支えていると言う感じでしょうね。

 サーバーとかシステム周りの事は、特に書かれていませんでした。それ以外の、「インターネットできること」この点を注目している人には、注目に値する本だと思いましたよ。

毎月500万円! 会員制ネットビジネスのすごい稼ぎ方

毎月500万円! 会員制ネットビジネスのすごい稼ぎ方
山本 行影
4806124478
「楽して稼ぐ」なんて言われていますけど、世の中そんなに甘い事はありません(笑)。 この本にあるような、毎月いくらかのお金で契約するシステム、確かに魅力はあります。でもその裏側は大手で、ある程度見た事ありますけど、結構大変です。
 何より、毎月のお客さまにある程度満足するサービスをも受けなければいけません。ちょっとしたグッツをなんて、甘い考えだとすぐに予算がなくなってしまいます。情報だったり、イベントだったり。ある程度予算がかからない体ひとつで、利益になる、そんな才能が無いと難しかったりします。

 さて、この本では、そのような「契約型」ビジネスの本としてとらえると有効な情報が。例えば、毎月送るものに、どんな工夫と条件があるか。これを知るだけでも効果がある。
 また、集金システムの工夫の仕方や、お客さまをどうやって解約しないでもらうか。その工夫も。サプライズというのが重要のようです。
 ポイントは「利益を取る時は取る。プレゼントする時は利益を求めない」
 これが重要なようです。

 ちなみにSEOやキャッチコピーの話が出てましたけど、この本では無駄でしたかね。そこが残念。もっと会員制ビジネスにまつわる話が読みたかった。

セールスレター革命

あなたの売上を300%アップするセールスレター革命
高橋 聡
4902089211
 全く期待していなかった本が、とても参考になる本だった時、このブログをやっていて本当によかったと思っている。この本はまさにそんな本でした。

 商品の紹介って、、当たり前にやらなければいけない事なんだけど、意外に難しい。この本では、マインドマップを使いながら、その紹介を組み上げていこう、そんな漢字で書かれてます。ポイントは、ある条件にそって、その商品メリットをうまく抜きだす事になるんでしょうね。

 まずポイントになるのは、なぜその商品を買うのか? それは「悩み」を解決するために、購入すると定義します。売る側の人間は、その悩みに対して「共感」することで購入を計ってもらうよう奨めます。
 ここで大事なのはあくまで、そのお客さんと共感する事。他の人をだしにして煽ると、逆に離れていってしまう。
 このくだりは非常になっとく。

 今までに出た内容を最後にマインドマップにまとめていく作業に。
 そこでは、お客さんのアクションと、商品に関して。そしてメリットを考える。
そこから、どんな喜びに繋がるか。これをうまく文章にしていこう。というのがこの本の趣旨。
 だまされたと思って一度文章書いてみましょう。今までの感ではかなりうまくいきそうな気がしています。